【富山駅】富山ブラックをおかずにライスを食べる。

富山県に行きました。
短い滞在時間ではありましたが、ラーメン好きの筆者にはどうしても食べたいものがありました。

「富山ブラック」です。

富山ブラックとはなんだろう?と思いますが今回訪問をした西町大喜さんのショップカードに記載されていました。創業昭和22年富山のブラックの発祥のお店だそうです。創業者の方がおにぎりを持った労働者のために、濃い味付けでチャーシューのたっぷり入ったよく噛んで食べるおかずの中華そばを考えたそうです。

【今回訪問したお店】
・店名   西町大喜 富山駅前店
      富山県富山市新富町1-3-8 TEL076-444-6887 営業11:00~22:00 定休 月曜  
・食べた物 中華そば並+ライス 1,000円
・買い方  食券制

ではさっそく見ていきましょう。。。と言いつつお腹が好き過ぎていて、写真を一枚しか撮らずに食べてしまいました。。食欲とは怖いです。。

【食べた感想】
レンゲは店員さんにお願いをしないと出てきません。レンゲを使わないのが当たり前だそうです。理由はこのあとわかります。
・スープ
スープが真っ黒です。見た目の通り、醤油の味が強烈で味はかなり濃いというかしょっぱいです。
・麺
中麺のストレートですが、スープが絡まずとも、味は十分にします。麺を一度すするとライスがどかどかと口に入ります。
・具材
チャーシューもおいしいのですが、メンマが一番の衝撃でした。スープより味が濃い!メンマ一切れでライスがどかどか入ります。

おいしいです!富山ブラックはラーメンでもあり、ライスのおかずでした。この味ではレンゲでスープを飲むこともないのが納得です。思い出すと、また食べたくなってしまいます。
 

富山ブラックをぜひみなさんもご賞味ください。
それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です