【銀座】銀座つぼやきいもの焼きいもは、想像をはるかに超える甘さというか、もはやスイーツでした。

焼きいもは、全く甘くないもの、かたいもの、パサパサしたものなど様々な辛いを経験を味わせてくれた食べ物の一つのように感じます。焼きいもの立場から言えば、そんなに甘さを期待しないでくださいよ。これが天然の味ですから。と主張してくるかもしれません。ということで、話題の銀座の焼きいもを買ってみました。

【今回行ったお店】
店名   :銀座つぼやきいも
買ったもの:まるごと756円

【食べた感想】
平日は混んでいませんが、土日は行列ができていました。
じっくり寝かせて甘みを引き出した「熟成芋」を使用しているそうです。
すぐに食べられるつぼやきは3サイズです。まるごと(1本)、はんぶん(半分)、ちいさい(一口サイズにカット)。
アイスやきいもは焼きいもを冷凍したものです。自宅で電子レンジで温めるそうです。一度冷凍したものの方が甘さが強くなっておいしいとのアドバイスもいただきましたが、今回はつぼやきを買いました。

触ってみると、皮はパリパリですが、中はとてもやわらかいです。握ったら潰れてしまいます。慎重に半分にすると、中身はまるでジャムのようになっていました。

食感は粘度の強いジャムです。味は驚くほどに甘いです。これ、砂糖漬けですか?と疑いたくなるほどです。夢中で食べてしまいました。皮も焦げ臭さや苦みも無いため、食べられます。本当はもう一本は冷凍をして食べようと思っていたのですが、我慢できずに完食。素材の力だけでこの味を出すとは衝撃でした。
材料はさつまいもだけですので、食べていて背徳感も無いですし、最高です。
それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です